新着情報&補聴器ニュース

  • 「高砂中島店」8/5(木)オープン致します! 2021/07/23
  • 加古川駅前店、補聴器センターたかはし(宝殿)を合わせ、東播磨地区3店舗とも同じサービスをご利用いただけます! 駐車場も完備、ぜひご来店ください! 【店舗ページはこちら】  ...続きを読む→

  • 【補聴器エピソード 補聴器を使いこなせるようになるまで時間がかかります!】 2021/05/25
  • 私たちは、補聴器専門店のスタッフとして、常にお客様のより良い聞こえを追求しています。 私たちがお仕事をしている中で、何よりうれしい瞬間は、今まで聞こえないとおっしゃっていたお客様が補聴器をつけて聞こえを取り戻された瞬間に立ち会えたとき。 日々の接客の中で、思わずスタッフも驚いた、感動した…などのエピソードをご紹介いたします。 補聴器に慣れるまでには、ある程度の時間がかかる。 このブログでも、何度かそんなお話をさせていただいたことがあります。 それでも大半の方は、「補聴器はつければすぐに聞こえるようになる」「相手の話が理解できるようになる」と思っておられます。 し...続きを読む→

  • 【補聴器Q&A 補聴器はすぐに使いこなせるようになりますか?】 2021/05/21
  • こんにちは、補聴器センターめいりょうです。 「補聴器を使ってみたけれど、聞こえるようにならない」 そうおしゃって補聴器をやめてしまう方がおられます。 実は、たくさんの方が、補聴器はつければすぐに聞こえるようになると思いがちなのですが、それは大きな間違いです。 補聴器を使いこなせるようになるには、ある一定の期間、補聴器の調整を繰り返しながら、耳と脳をトレーニングする必要があるのです。 それは一体なぜなのでしょうか? ●ずっと聞こえていない=言葉を理解する脳の機能が衰えている 実は音を聞くのは耳ですが、言葉を理解するのは脳の役割です。難聴になると、脳に十分な音の情...続きを読む→

  • 【補聴器機能 オートセンス OSとは?】 2021/05/14
  • こんにちは、補聴器センターめいりょうです。 「自分の聞きたい音や声だけをクリアに聞けたら・・・」きっとたくさんの方がそう思っていることでしょう。 それはあくまで理想と思うかもしれませんが、今、補聴器の機能は驚くほど向上しています。 その一つがフォナックの一部の補聴器に備わっている自動環境設定機能「オートセンス OS」。 環境に応じて、聞きたい音がラクに聞き取れるように補聴器が自動で設定をしてくれるというもの。 今回は、この「オートセンス OS」を詳しくご紹介いたします。 ●自動環境設定機能とは? 私たちの日常生活には、静かな場所、騒がしい場所、狭い部屋、広い会...続きを読む→

  • 【難聴コラム 加齢性難聴は予防できるの?】 2021/05/11
  • こんにちは、補聴器センターめいりょうグループです。 年齢と共に聞こえが低下する加齢性難聴。 年をとって耳が聞こえづらくなるのは仕方のないこと…そう思ってあきらめていませんか? しかし「聞こえづらさ」を感じたときにどう対応するかで、その後の聞こえは大きく変わることがあります。 そのため、日々の生活習慣を見直し、難聴を予防したり進行を遅らせたりするように努めることはとても大切です。 今回は、聞こえの低下を感じたときの対応や、難聴を予防する方法について考えてみます。 ●聞こえづらいと感じたら… 聞こえの低下を自身で感じたり、家族や友人からの指摘で気づいたりした場合は...続きを読む→

  • 【難聴コラム 赤ちゃんはいつから補聴器を装用できる? 子どもに合った補聴器とは?】 2021/05/07
  • こんにちは、補聴器センターめいりょうグループです。 難聴が発見されたお子さんには、できるだけ早く聴力を補い、本人の聞こえの状態や成長に合わせた対応をしていくことが大切です。 そんな中、補聴器は、聞こえを補うためのツールの一つとなっており、薬や手術で難聴の症状が改善できない場合は、補聴器の装用を推奨されることがあります。 しかし、子どもはいつから補聴器を装用できるのでしょうか?どんな補聴器が適しているのでしょうか? 今回は乳幼児期の補聴器装用についてお話します。 ●赤ちゃんと補聴器 装用の時期と時間 現在は、テクノロジーの発達により、生後数週間から数カ月の赤ちゃんでも補聴器の装用が可...続きを読む→

  • 【補聴器エピソード 子どもの難聴で大切なこと あるお母さんの思い】 2021/04/23
  • 私たちは、補聴器専門店のスタッフとして、常にお客様のより良い聞こえを追求しています。 私たちがお仕事をしている中で、何よりうれしい瞬間は、今まで聞こえないとおっしゃっていたお客様が補聴器をつけて聞こえを取り戻された瞬間に立ち会えたとき。 日々の接客の中で、思わずスタッフも驚いた、感動した…などのエピソードをご紹介いたします。 少し前、難聴は生まれつきの障害として起こりやすいこと、そして難聴のお子さんに対しては、補聴器の装用など少しでも早い対応とコミュニケーションが重要であることをお話ししました。 当店でも、生まれつき難聴を患い、補聴器を装用しているお客様がおられ、そ...続きを読む→

  • 【補聴器Q&A 補聴器はどれくらいの期間使えますか?】 2021/04/20
  • こんにちは、補聴器センターめいりょうです。 当店にお越しのお客様からよく聞かれる質問の一つが「補聴器はどれぐらいの期間使えるか」ということ。 一般的に補聴器は、使用開始から5年が一つの目安になることを覚えていただければと思います。 しかしそれはあくまでも目安。 冷蔵庫やテレビなどの家電品や車などの耐用年数と同じで、5年を過ぎると使えなくなるというものではなく、5年間は絶対に故障せずに使えるというわけでもありません。 実際、修理やメンテナンスを繰り返し、10年近くお使いいただいている例もあります。 補聴器は決してお安い買い物ではありませんから、少しでも長く使い...続きを読む→

  • 【補聴器コラム 補聴器は片耳で使っても大丈夫? 装用するならどちらの耳につける?】 2021/04/13
  • こんにちは、補聴器センターめいりょうです。 補聴器の装用を検討する際、片耳につけるか両耳につけるかで悩む方は多いのではないでしょうか? 基本的に補聴器は、左右の聴力に大きな差がなければ、両耳につけるのがベストです。 しかし聞こえの症状や耳の負担感、経済的な理由から片耳で装用されるケースもあります。 ●なぜ補聴器は両耳につける方がいいの? 両耳装用がおすすめの理由は、左右で聞いた方がしっかり音が聞き取れる上、音の方向感や距離感もつかみやすくなるためです。特に、騒音下では、聞き取りに大きな差が出ます。 また音を聞いているのは「耳」ですが、...続きを読む→

  • 【補聴器コラム 聞き取りを良くし、家族との会話をスムーズにするためのヒント】 2021/04/09
  • こんにちは、補聴器センターめいりょうです。 新型コロナウイルスにより、この1年ほどで、私たちの暮らしや生活スタイルは一変しました。 特に人間関係や人とのかかわり方は大きく変わりましたよね。 外出自粛やリモートワークの推奨などで人に直接会う機会が減ったという声がある一方、同居する家族とは、今まで以上に話す機会が増えたという人も多いのではないでしょうか? 一緒に食卓を囲むことが増えたという人もきっといらっしゃると思います。 そんな状況の中、家族の話が聞き取りづらいと感じたり、家族の誰かが聞き取りに苦労している様子が気になったりすることはありませんか? そんなときは、...続きを読む→

お問い合わせ