難聴と補聴器の効果

難聴と補聴器の効果
補聴器は、つけたからといって完全に聴力がもどるものではありません。あくまでも残っている聴こえを補う機器なので限界があります。だからこそ残っている聴力を生かすのに適した機種を選び、一人ひとりの聴力に合わせて適正に調整される必要があります。
感音性難聴では、小さな音が聞きづらいだけでなく音がゆがんでしまっていたり音の聞き分けが困難になってしまっています。そのため、補聴器をつけてもゆがんだ部分や聞き分けの困難さは残り、
・早口の会話 ・複数人の会話 ・騒音下の会話
・口の中で話すようなはっきりしない発音
等は聞き取りづらくなります。
ただ、会話の中での聞き取りは、聞き取りにくい言葉があっても前後関係等からの推測も働くため、
・ゆっくり ・はっきり ・正面から
話をすれば、補聴器装用により会話がしやすくなることが多いです。
この限界は補聴器に限らず、どのような機器を用いても超えることは出来ないので、道具としての限界を理解して上手くお使い頂ければ、と思っています。
工夫することでより大きな効果を得ることができます。
補聴器センターめいりょうでは、そのお手伝いを精一杯させて頂いております。

e6097a71be917a43a433

お問い合わせ